セザール賞
ニングルテラス
>> 【JTB】お盆休みの宿 <<



サッポロビール園でサッポロファイブスターを飲む!

北海道旅行に行った時に札幌出身の友人たちとその両親たち数人で
サッポロビール園 に行きました。
1963年まで製麦工場として使われていた赤レンガの風情ある建物が
このビール園のシンボルとなっています。
夜ほんのりと灯のついた赤レンガは見るだけで心がほっこりしてきます。
サッポロビール園
北海道旅行ガイド


巨大なビールの仕込み樽が設置されたホールを始め数種類のホールで
ビールはもちろん、ジンギスカンや色々なフードメニューが楽しめます。

サッポロファイブスター は1967年に発売された
プレミアムビールの先駆け的存在のもので
現在はサッポロビール園でしか飲むことができません。
ここでしか飲めないとなるとやはり外せませんよね。
まずはみんなでこのファイブスターを頼みました。

コクがあって味わい深いビールを飲みながら
普段はあまり食べることのないジンギスカン料理をみんなで食べます。
お肉もそうですが、シュリンプ、活ホッキ貝、ホッケなど
北海道ならではの新鮮な食材を楽しむことができるので最高です。

ファイブスターを飲んだら今度は生ビールをジョッキで頼みました。
なんでしょう、やはり普通の飲み屋さんで飲む生ビールとは
泡のきめ細かさが違います。
どうやらスウィング式カランを使用しているので
一般的なビールサーバーとは異なり泡が自然と作られて
クリーミーな泡に仕上がるようです。
適度に炭酸が抜けてふんわりとしたビールは
ビール好きには堪らないものでした。
サッポロガーデンパーク
>> 【JTB】安心の北海道旅行 <<







小樽運河 おすすめ観光ポイント

北海道開拓のための重要な玄関口として大きな船が行き来をし
荷物を倉庫に届けやすいように作られた水路が 小樽運河 (おたるうんが)です。
小樽運河
北海道旅行ガイド


散策路に設置された ガス灯 の灯が石造倉庫の町並みを照らし
情緒豊かな風景を描いています。
当時倉庫として使われていた運河沿いの建物は
外観はそのままに中はお店やレストランとして使われています。
ガス灯


小樽運河を歩くとまるで映画のセットやテーマパークにでも
来ているかのような気分になれます。
そして一本道を入ると魚介類を扱うお店などが軒を連ねています。
観光しながらお土産に美味しい魚介類を買って郵送で送ることができます。

また小樽運河周辺には本格スイーツのお店も沢山あります。
運河を散策したあとにカフェでスイーツを食べながら一息つくのもいいですね。

北海道ならではの美味しい牛乳を使ったアイスクリームや
ラベンダー製品などがおいてあるお店もあります。
ガラス工房 などを見学することもできたり
お子さんでも十分楽しめる観光スポットだと思います。

小樽運河の歴史を知りたい方は 総合博物館
鉄道遺産 などを巡ってみても楽しいでしょう。
小樽港の先端にある 祝津パノラマ展望台 まで足を運べば
海の近くの展望台からは一面の日本海を望むことができます。
朝日や夕日を見る絶景ポイントとしても有名なので
時間に余裕のある方は見に行かれることをおすすめします。

北海道の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)







知床 世界遺産の観光名所

北海道の知床(しれとこ)といえば
世界遺産に登録されていることは多くの方々がご存じかと思います。
北海道には色々な観光名所がありますが
その中でも知床は有名な場所の一つでしょう。

ひと言で知床といってもやはり広いです。
色々と観光できるポイントがあります。
知床五湖 (しれとこごこ)や オシンコシンの滝
カムイワッカ湯の滝フレペの滝
プユニ岬に知床峠オロンコ岩夕陽台 など
有名なところがたくさんあります。
知床五湖
北海道旅行ガイド


5つの湖からなる知床五湖は、昼間は周りの原生林や山々を
その湖面鏡のように映し出して幻想的な雰囲気を醸し出しています。
シーンと静まり返ったその湖面に響き渡るように
ときおり鳥など鳴き声が聞こえたりして
美しすぎる光景にうっとりとしてしまいます。
知床五湖


周りの自然も見ながら湖のほとりを歩ける
高架木道(湖畔展望台) と地上の遊歩道があるので
同じ場所でも少しずつ違った風景を楽しむことができます。

ただ自然を見るだけではなく体を使って
知床の魅力を体験することができます。
シーカヤックサイクリング の他にも
ガイドさんと一緒に 山登り をしたり
冬には 流氷ダイビング も体験できるので
興味のある方はぜひ参加されるとおもしろいでしょう。

小さいお子さんは大自然を目の前にしても
見るだけだと飽きてしまうことも多いものです。
そんな時には 知床一日ツアー などを利用すると
ガイドさんがお子さんが興味にありそうな虫の話や
自然の不思議などについて話してくれるので
お子さんにとっても楽しいひとときになるでしょう。

>> 【JTB】安心の北海道旅行 <<







地獄谷温泉 北海道の旅

子供の頃、「地獄谷(じごくだに)に行く」と聞いて
地獄ってどんなに怖い場所だろうとワクワクして行ったのに
意外にもキレイでびっくりした記憶があります。

地獄谷 のゴツゴツした山肌に立ち上る湯気が
その場所を日常とは切り離された空間に見せています。
春は花に囲まれ、夏は原生林が周りに広がっていて
秋には紅葉で赤く染まった谷の様子を見ることができます。
冬はもちろん雪景色ですが、雪の中から上がってくる湯気を見るのも一興です。
登別 地獄谷
旅行ガイド【北海道】


ただ硫黄の匂いがやはり「地獄」を連想させる感じがして
妙に記憶に鮮明に残る場所でもあるでしょう。

冬は閉鎖されてしまう 地獄谷遊歩道 (じごくだにゆうほどう)は
約10分ほどで回ることができます。
その後地獄谷から少し歩いて場所を移すと
そこには7色にお湯の色が変わる 大正地獄 (たいしょうじごく)があります。
周囲が約10mという小さな沼ですが
湯量が減少することによりお湯の色が変化して見える
なんとも不思議な場所です。

大正地獄から歩いて大湯沼川(おおゆぬまがわ)に進むと遊歩道があります。
川底から温泉が湧いているので
川で足を浸からせてみてはいかがでしょうか。
大湯沼川天然足湯 (おおゆぬまがわてんねんあしゆ)は有名です。
足湯しやすいようにベンチが置いてある箇所もあります。

色の変わる沼や川で自然の温泉を楽しめるなど
地獄谷の圧倒的な姿だけではなく
自然の不思議な姿を見たり感じたりすることができる
とても楽しい場所です。

北海道の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)







洞爺湖観光のあとは洞爺湖温泉でまったり♪

洞爺湖 (とうやこ)」は季節を問わず
北海道旅行で訪れたい場所トップ10に入っています。
夏に行っても冬に行ってもステキな旅行になること間違いなしです。
洞爺湖
北海道旅行ガイド 楽天トラベル提供


洞爺湖は、道南唯一の国立公園である
支笏洞爺国立公園 (しこつとうやこくりつこうえん)」の中にあります。
日本の「火山博物館」という異名をもち、
自然と大地のエネルギーを感じさせてくれるところです。

洞爺湖(とうやこ)、支笏湖(しこつこ)、倶多楽湖 (くつたらこ)。
この3つの湖は支笏洞爺国立公園の中にあって
北海道でも屈指の風光明媚(ふうこうめいび)なカルデラ湖です。

カルデラ湖とはご存じでしょうか?
その名の通り「カルデラ」に水がたまってできた湖です。
他に日本で有名なカルデラ湖には、十和田湖(とわだこ)や田沢湖などがあります。
「カルデラ」とは、スペイン語のCALDERAからきていて
阿蘇山(あそざん)などの火山の中の大きなくぼ地のことです。

支笏洞爺国立公園内の3つのカルデラ湖の中でも
洞爺湖は「名鏡」の名そのままに
鏡のように澄んだ湖水をたたえている豊かな湖です。
湖の中に中島を抱いている姿に心が癒されます。

洞爺湖を訪れたなら、湖の南岸にある 洞爺湖温泉 にぜひ立ち寄りましょう。
洞爺湖温泉(とうやこおんせん)は知らない人がいないほどの一大温泉郷です。
素晴らしい思い出がまた一つ増えるでしょう。
洞爺湖温泉足湯 洞龍の湯
>> 【JTB】安心の北海道旅行 <<







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。